旦那のクレジットカードや主婦・無職でもクレジット現金化できる?

旦那のクレジットカードや主婦・無職でも現金化利用できる?

お金が無く、困った時にどうするか悩んでいる方は多いと思います。
急に仕事がなくなり収入の無い方や専業主婦などの方は、総量規制によって融資の審査も厳しくなったため、借入れするのは難しくなっているのが現状です。
こういった時に役に立つ新しい現金調達方法がクレジットカード現金化なのです。
とは言っても、現金化って誰でも利用できるの?って思っている人もいると思いますのでお答えします。

クレジット現金化は旦那のクレジットカードでも利用できるのか?

クレジットカード現金化業者によって違いますが、基本的には奥様が旦那様のクレジットカードを利用して現金化することはできません。
クレジットカード会社の利用規約にも記載があると思いますが、ご本人様以外の使用は禁止されています。
今回のケースの場合であれば、通常家族カードを作れば問題なく利用ができます。

奥様が旦那様のクレジットカードで買い物をする人や旦那様が奥様のクレジットカードで買い物をする人もいますが、本当はこれはやめた方がいいと言えます。
利用金額が購入する商品によってもちがいますが、クレジットカード使用後にご本人様確認の電話がクレジットカード会社より入る場合があります。
その際に、利用した覚えがないと答えてしまえばトラブルになります。
このようなことを想定した上で利用しなければなりません。
これは、奥様と旦那様の話だけではなく、子供が親のクレジットカードを持って好き勝手利用している方もいますが、これも同様でやめた方がいいでしょう。
そのようにするのであれば、やはり家族カードを作ることをオススメします。

クレカ現金化は主婦や無職でも利用できるのか?

結論からお伝えするとクレジットカード現金化は、クレジットカードを所持していて、クレジットカードのショッピング枠が残っていれば枠内であれば誰でも利用できるサービスとなります。
よって、主婦や無職・学生などで収入が無い方でも利用できるサービスとなっています。
仕事を辞めてしまい、次の仕事までの繋ぎとして利用する方もいます。
クレジットカード現金化を利用する人の理由は様々です。
ただし、クレジットカード現金化業者選びは重要となります。
理由は明確で、クレジットカード現金化業者によって換金率がまったく違うからです。
利用する金額が少なければ、そんなに損をすることがないですが、利用金額が大きいとかなりの損をしてしまいます。
悪徳業者に引っかかってしまうと、優良業者に比べると10%以上も換金率が違います。
仮に100,000円利用した際、換金率が70%と80%では、10,000円も差がでてしまいます。
これだけ違うことが分かれば、利用者も優良店を探したいと思うハズです。
また、リピーターとなり、何度も利用するとその差はどんどん広がり損失が多くなります。
現金化業者を選ぶ際は慎重に選んだ方がいいと言えます。